大人になって発覚することもある発達障害について

発達障害の種類

発達障害の種類

発達障害は目に見えない障害であるため、本人や親が悪いといわれることもあります。

しかし、発達障害は生まれつきの脳の障害であり、本人の努力不足のせいでも親のせいでもありません。周囲に理解してもらうためにも、しっかりと知識を得る必要があります。

発達障害と呼ばれるものには大きく分けて、自閉症スペクトラム障害、注意欠陥・多動性障害(AD/HD)、学習障害(LD)の3つがあります。

自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害)

自閉症スペクトラム障害は強いこだわりを持っていることが多く、「自己流」で物事を進めようとする傾向にあります。「今、話したい」と思ったら、相手の様子を見ずに自分の好きなことを話し続けたり、集団に合わせた行動が難しくなったりします。

また、自閉症スペクトラム障害の人は「いつも同じ」である数字や文字、あるいは「いつも同じ」ダイヤで走っている電車を好む傾向にあります。逆にいつもと違う道などには激しい不安を感じ、パニックになるというのも特徴です。

注意欠陥・多動性障害(AD/HD)

注意欠陥多動性障害(AD/HD)では多動性・不注意・衝動性という3つの特徴が見られます。多動性は、落ち着いて座ることができない、注意をしてもおしゃべりが止まらない、などが挙げられます。

不注意は、集中力の持続ができない、忘れ物が多いなどです。衝動性は、我慢することが苦手、気に入らないことがあると暴れる、順番が待てない、などが挙げられます。

注意力が欠けたり、落ち着かないといった状態は誰にでも当てはまるため、AD/HDに気づかないこともあります。

学習障害(LD)

学習障害(LD)は知的な遅れがないにもかかわらず、読む・書く・聞く・計算するなどの特定の分野に極端な困難さが見られるものです。

計算は得意だけど読み書きが苦手、逆に文章の読み書きはできるけれど数字の大小といった概念が理解できないなど、苦手分野には個人差があります。

学習に関する分野の障害であるため小学校に就学するまで発覚しにくく、問題が発生しても本人の努力が足りないためだと思われてしまうことが多いのが特徴です。そのため、学業や学校生活で自信や意欲を失ってしまい、ますます学習に遅れが出ることもあります。

大人になっての発達障害が発覚する理由

大人になっての発達障害が発覚する理由

発達障害は先天性のものであり、幼少期から症状は現れます。しかし大きなトラブルが発生しなかったため、障害に気づかないまま就職するというケースも珍しくありません。

会社でコミュニケーションが取りにくい、臨機応変に対応できない、一つのことにこだわって仕事が進まないなど、業務に支障をきたしてはじめて発達障害が発覚することもあります。

現在は発達障害への理解も深まり、自治体によるカウンセリングやセミナーといった支援も増えています。大阪市も発達障害に関する様々な支援を実施しており、発達障害のある方や家族が適した支援を受けられるように多くの取り組みが行われています。

発達障害は珍しいものではなく、身近に存在するものであると理解することが大切です。

大阪でカウンセリングをお探しなら【篠原整骨院併設 ナチュラルセラピー】へ

名称 篠原整骨院併設 ナチュラルセラピー
TEL 06-6971-4406
住所 〒537-0011 大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
URL http://shinohara-seikotsu.com

お役立ちコラム

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30