パニック障害・パニック症候群を招く原因

パニック障害・パニック症候群という病気をご存知ですか?

パニック障害・パニック症候群という病気をご存知ですか?

「パニック」という言葉は日常的に使用することもあり、「混乱」という意味で使用する方が多いでしょう。

パニック障害・パニック症候群として使用される「パニック」は、混乱という一言では表現できないような不安・恐怖を感じるものです。

パニック障害・パニック症候群とは不安障害の1つであり、様々な不安障害の中でも代表的な疾患であるといえます。決して珍しい病気ではなく、誰でもパニック障害を引き起こす可能性があるため、正しい知識を持つことが大切です。

3つの段階があるパニック障害の症状~初期症状は動悸・息切れ・めまいといったパニック発作~

パニック発作

思いがけない時に急に動悸や息切れ、発汗、めまいなどが起き、「このまま死んでしまうのではないか」という強い恐怖や不安などに襲われる「パニック発作」。パニック障害におけるもっとも代表的な症状といえます。

予期不安

「パニック発作」が何度も起こるうちに、「また発作が起こるのではないか」という不安を常に感じるようになります。発作のことばかり考えるようになり、行動や場所にも不安が広がる「広場恐怖」につながります。

広場恐怖

「予期不安」に囚われると、電車やバスなど以前にパニック発作が起こった場所、またはパニック発作が起こった時に逃げられない場所・他人しかいない場所などに行くことが怖くなります。これが「広場恐怖」です。この「広場恐怖」によって1人で自由に外出することが難しくなり、仕事や日常生活に支障をきたすことがあります。

パニック障害の原因は?

パニック障害の原因は?

パニック障害の原因はまだはっきりしていません。
しかしこれまでの研究から、気持ちや性格の問題だけでなく、脳内の不安に関する神経系の機能の異常が原因だと考えられています。

大脳辺縁系にある扁桃体には、不快や怒り、恐怖といった感情を司る機能があります。

その扁桃体に不具合が起き、活動が活発になることで呼吸が荒くなったり、心拍数が上がったり、発汗したり、といったパニック発作が引き起こされると考えられているのです。

パニック発作と向き合うためのメンタルケア~大阪市の取り組みも利用しよう~

パニック発作は本人の意思で調整できるものではなく、薬物療法と心理療法を活用して向き合います。心理療法としてメンタルケアを行い、自分自身で不安な気持ちを調整する工夫も大切です。

食生活の見直しや規則正しい生活を心がける、整体に行く、音楽やアロマで気持ちを落ち着けるなど、様々な方法が挙げられます。メンタルケアに力を入れている自治体は多く、大阪市も心の健康に関する様々な取り組みを行っています。大阪市は悩み電話相談なども行っているので、メンタルケアにお役立てください。

大阪で整体をお探しなら【篠原整骨院併設 ナチュラルセラピー】へ

名称 篠原整骨院併設 ナチュラルセラピー
TEL 06-6971-4406
住所 〒537-0011 大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
URL http://shinohara-seikotsu.com

お役立ちコラム

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30