慢性的な便秘にはパンが関係しているかも・・・?

DSC01486

この方には2週間前に慢性的な便秘の施術をして、大変喜んでいただいています。

朝食にご飯は面倒ということで何年も前からパンを常食とされていましたが、女性の直感で「ご飯が便秘に良いのでは?」という一言から、検査をしてみました。

なんと「ピンポ~ン」と鐘が大きく鳴ったのは言うまでもありません。

施術した翌日から出るは、出るは、1週間、1日も欠かさずの快便だったとお聞きしました。

なんと当院に来られ、このことが一番の感動ともお聞きしました。

そんな顔をしていらっしゃらなかったので、そこまでの評価とは思ってもしなかったです。

 

そんなことが有って、次の週「ごはんばかりでは嫌なんで、なんでも食べられるようにしてくれません?」そんなオファーで次の1週間はパン、ご飯、ジュース、サラダ、といろいろ試していただきました。

ジュースが彼女にとって最悪で、毎日の快便が止まってしまいました。

かと言って、全く出ないわけではありませんが、先週のように毎日とは行きません。

それどころか、朝食にパンだと、お腹が妊婦さんのように膨れ、異常な状態のお腹だとおっしゃいます。

そこでお聞きした事は、大学生の時、実験でイースト菌でパンの生地が膨らむ様子が頭にこびりついているって、ビックリの返事でした。

もちろん検査をしたのですが、なんと、そのことがトラウマとなっていて、尚且つお腹が膨れるのもそれが原因で90%を占めると出ました。

本人も納得され、そのトラウマを取り去ったのですが、次週の来院時の答えが楽しみです。

かと言っても、検査で1週間後の答えは聞いていますが・・・。楽しみに取っておきますね。

 

あなたなら、こんな便秘の原因って信じられますか?

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30