過敏性腸症候群・下痢型、何十年も続く原因が算数障害?

何十年も続く過敏性腸症候群・下痢型の原因が、発達障害・算数障害だったとしたら、あなたならどのように治療を進めますか。

過敏性腸症候群と診断されてはいますが、何十年も症状は治っていない。それどころか最近、スーパーマーケットのレジ係で勤務されていますが、さらに症状が悪化し、忙しくなる日に限り、突然の下痢の心配が今まで以上に強くなりました。

 

過敏性腸症候群、下痢型の施術をしていて、ストレス、トラウマの消去からこんなのが見つかりました。

●子供の頃からお父さんの運転される車には乗りたくなかった。父親はそろばん教室をされていて、数学は大の得意とお聞きしています。

●子供の頃から算数の計算式は使わず、得意のそろばんの暗算で回答を書いていた。

●妹さんのご主人の運転される車に同乗されるのは、なぜか何時も拒否されていたとお聞きしました。このご主人は理数系が好きで数学に精通されているそうです。

●卵の特売日、チラシが配布された日、月曜日の特売日などは忙しさが予想されていて、出勤前からお腹の調子が悪く、出社すればさらに症状が悪化し、勤務に支障が出るほどの下痢を心配されるそうです。

 

こんな症状の根本原因がまさか、まさか数字、算数に有ることが・・・。そしてもう一つ、症状的には微々たるものですが学習障害の算数障害が見つかっています。

症状について詳しくはこちら

発達障害

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30