電磁波障害・対策、パニック障害、脳圧、不安感

電磁波障害があれば、なぜか脳圧が上がり、脳の機能が低下し、体温調節ほかの機能が狂い始め、いわゆる自律神経失調症が起こります。

低気圧が近ずくにしたがって、徐々に体の調子がおかしくなる『あれ!』と同じですよ。

 

彼女は看護師さんで、10年来のパニックの症状を治しに来られたのです。ご本人の職業の認識外、想定外のことを説明するため、許可を得てビデオを撮りました。

「電磁波障害・対策」チャーム285versionを持ったり、手から外したりでその変化を見ていただきました。

見ての通り、電磁波障害があれば、頭はボーっとし、胸は苦しく、不快な汗が出、首は痛みが出はじめ、気持ちは落ち込み、明るさ、陽気さは、一瞬で消えたり、点いたり・・・。

電気のスイッチを点滅させているような変化です。

 

一般的な人は電磁波障害なんてほとんど関心も、ご存知もありませんが。しかし、あなたの体の中では間違いなくこのようなことが起こっています。

まったくそんなものには無縁と思っていた、彼女も否定することが出来ないほど電磁波障害がありました。かといって電磁波過敏症ではありません。ごく当たり前の電磁波障害があっただけなんです。

大丈夫、心配いりません!
24時間取り続ければ害はなく、身体にこのようなトラブルは起きないのです。。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30