ランナー膝・腸脛靭帯炎

今までの受けられていた治療方法と原因についての考え方とは全く真逆かもしれません。

ランナー膝で練習などを休む必要はほとんどありません。

脳に直接アプローチする ストレス消去法と独自のセルフケアで、 自律神経由来の痛みや 数々の不調を解消する当院の施術は医師からの推薦も頂いています。

私も全幅の信頼を寄せています

医療法社団桑島内科医院  院長 桑島達郎さん

事故や怪我など、痛みの原因がはっきりしている場合は問題ありませんが、あらゆる検査でも原因が特定できない痛みや不調の大半は、自律神経の乱れから引き起こされていることが非常に多く見受けられます。

そんな自律神経の乱れの主な原因にもなっている、ストレスに対しての消去法を開発、発表された日本気導術学会の研究セミナーに、私自身も7年間以上、毎月参加させてもらっています。

日本気導術学会で研究講師をされている篠原整骨院 篠原裕喜先生には、私自身も研究セミナーでは新しい技術の指導を受け、先生の施術に対する考え方にも全幅の信頼をよせています。

もし、あなたが原因不明の痛みや症状に悩まされているのなら、篠原整骨院 篠原裕喜先生に相談されてみては如何でしょうか。

【香川県の病院】医療法社団桑島内科医院さんのサイトはこちら

※結果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

こんなランナー膝にお悩みではございませんか?

  • 膝の外側に痛みを感じる
  • ランニング中に急に膝が痛くなってきた
  • 患部を指で押すと痛む
  • ランニング後に痛み、休むと治まる
  • ランニング時、地面を蹴った時に痛む
ランナー膝はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、様々な病態が含まれます。
 
ランナー膝と言われている腸脛靭帯炎は、ランニングによる膝障害の代表です。
 
膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで腸脛靭帯が大腿骨外踝と擦れて炎症をおこし、疼痛が発生します。
 
特にマラソンなどの長距離ランナーに多く発症します。

なぜ、あなたのランナー膝は今まで改善しなかったのか?

原因は足指の機能を無視したオーバーユースです

過剰な走行時間、柔軟性不足、硬い路面、硬いシューズ、下肢のアライメント不良(足首・膝内反)などが原因とされています。

 一般的には保存療法が原則です。
つまり、ランニングを休止したり、消炎鎮痛剤やアイシング、ストレッチの強化、超音波などの物理療法などを取り入れて治療するのが一般的です。
 

足(脚)の19年以上の独自研究から、これらは対症療法に過ぎず、足本来の機能回復を図らない限り、根本からの改善にはならないことが解りました。

では、なぜ当院の施術でランナー膝が改善に向かうのか?

足本来の機能を回復させれば、自ずとランナー膝は改善に向かう。

足本来の機能回復と骨盤と下肢のアライメント調整で練習を休止することなくランナー膝は改善に向かう。
 
腸脛靭帯の緊張が強ければ強いほど、その症状はより重症となります。
なので腸脛靭帯の正常なテンションを回復させるために骨盤と下肢のアライメントを調整するのです。
 
調整することで腸脛靭帯摩擦症候群(ランナー膝)は速やかに改善に向かいます。
でも改善したからと安心していては再発を繰り返すことになります。
 
その後のケアーとして、足本来の機能矯正と基本走法の改善で完治図っています。

走法と歩行法の矯正

あまり知られていない情報ですが、ランニング時の故障の大半は、ランニング時に足指が使えていないことが、重大な原因となっています。
 
今だ一般的には認識が無いために、故障が続発し続ける原因となっています。
 
当院では、趣味のランニングや競技を行う上での基本的な走法をお教えしています。
(足指の使い方、最適な重心位置)
 
この走法により、ご自身のタイム短縮や、疲労の軽減が見込まれ、より快適なランニングを楽しんでいただけます。

なかなか改善しないランナー膝に悩む方へ

19年にも及ぶ足(脚)の研究から、足本来の機能が解明しました。
現代人の弱点でもある、足指の基本的な使い方を矯正することで、練習を休むことなく、ランナー膝を改善することが出来ます。
 
好きなランニングを休むことなく、練習をしながら、予防も出来る、今までに無かった改善法です。
 
ランナー膝でお悩みの方は、是非一度当院へご相談ください!
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30