逆流性食道炎・胃腸障害

脳に直接アプローチする ストレス消去法と独自のセルフケアで、 自律神経由来の痛みや 数々の不調を解消する当院の施術は医師からの推薦も頂いています。

私も全幅の信頼を寄せています

医療法社団桑島内科医院  院長 桑島達郎さん

事故や怪我など、痛みの原因がはっきりしている場合は問題ありませんが、あらゆる検査でも原因が特定できない痛みや不調の大半は、自律神経の乱れから引き起こされていることが非常に多く見受けられます。

そんな自律神経の乱れの主な原因にもなっている、ストレスに対しての消去法を開発、発表された日本気導術学会の研究セミナーに、私自身も7年間以上、毎月参加させてもらっています。

日本気導術学会で研究講師をされている篠原整骨院 篠原裕喜先生には、私自身も研究セミナーでは新しい技術の指導を受け、先生の施術に対する考え方にも全幅の信頼をよせています。

もし、あなたが原因不明の痛みや症状に悩まされているのなら、篠原整骨院 篠原裕喜先生に相談されてみては如何でしょうか。

【香川県の病院】医療法社団桑島内科医院さんのサイトはこちら

※結果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

こんな逆流性食道炎の症状にお悩みではございませんか?

一番多い症状は「胸やけ」ですが、「みぞおち」や「のど」が焼けるような痛みもあり、何年もこの症状が続いていませんか。

  • 胸焼けがひどくなった
  • 夜ぐっすり眠れなくなった
  • 食べたいものが食べられなくなった
  • 揚げものや甘いものが食べられない
  • 気分がさえない
  • 仕事や日常生活に支障をきたしている
  • 頻繁にゲップが出る

逆流性食道炎は高齢者に多いとされていましたが、最近は若い人にも増えており、問題になっています。

なぜあなたの逆流性食道炎は今まで改善しなかったのか?

薬では、胃液の逆流を防ぐ(下部食道括約筋)を正常にできません

病院では胃酸の出方をコントロールする投薬に限られていて、逆流の根本原因である下部食道括約筋の働きを回復させる薬は存在しません。
 
本来、食道と胃のつなぎ目部分は下部食道括約筋と呼ばれる筋肉で胃の中のものが逆流しないように弁が働いています。
 
加齢とともにその働きが弱くなり、何らかの原因で締まりがゆるくなり逆流します。
 
当院では年齢に関係なく、逆流を防止する弁の活性化を自律神経の調整、頚椎の調整、下部食道括約筋の調整、セルフケアの導入で逆流性食道炎を根本改善に向かわせています。
 
 

そもそも逆流性食道炎の原因は?

胃液の逆流を防ぐ下部食道括約筋の機能低下が原因です

本来、食道と胃のつなぎ目部分は「下部食道括約筋」と呼ばれる筋肉で胃の中のものが逆流しないように弁が働いています。

 

加齢とともにその働きが弱くなり、何らかの原因で逆流して逆流性食道炎を発症してしまいます。

あなたが逆流防止を実感しやすいエクササイズがあります

肛門を閉める筋肉は、これが弱ると尿意が頻繁になり、お漏らしをすることが多くなります。

その筋肉も胃の弁と同じ「括約筋」で出来ています。

その肛門が強く締まるか、弱く締まるかは足指の機能に大きく影響を受けています。

足指が地面を抑えた瞬間、強く締まり、足指が地面から浮き上がった瞬間、締まりが弱く、緩慢になります。

そんなエクササイズで括約筋の活性化が出来ることを実感していただけます。

当院で開発されたセルフケアは、胃酸の逆流を止める下部食道括約筋を正常で、しっかり締まる、力強い括約筋に変えることが出来るエクササイズです。

では、なぜ当院の施術で逆流性食道炎が改善に向かうのか?

胃酸の正常な分泌は頭蓋仙骨療法が改善に向かわせます

 西洋医学や東洋医学など、現代の医学では手をこまねいている症状も数多くの改善例が報告されているのが頭蓋仙骨療法というアメリカで始まった施術法です。
 
薬や手術に頼らず、科学的かつ自然な方法で中枢神経である脳や脊髄に働きかけ調整します。
 
触れる程度の優しい刺激で身体のこわばりを解きほぐし、血液やリンパ液、脳脊髄液の流れを促し、本来持っている自然治癒力を高めていく施術法です。
なので子どもさんから妊娠中の方まで、安心して受けていただける施術です。
 
深いリラクゼーション効果や自律神経の働きを整える効果もあります。
 
 
ほとんどの症状・病気の根底にある、これら5つの根本原因を取り除き、自然治癒力を高め、症状・病気を改善する施術をおこなっています。
 
 
①血液、リンパ、脳脊髄液などの体液循環不良  (体質改善)
②自律神経の乱れ  (ストレス消去)
③内蔵機能低下  (内臓調整)
④重心軸のズレ  (重心調整)
⑤左右対称性に機能出来ない身体の歪み  (頚椎、骨盤調整)

なかなか改善しない逆流性食道炎に悩む方へ

この先、何十年薬を飲み続けられますか?
あなたが、このページを見られたのも何かのめぐり合わせかもしれません。
逆流性食道炎でお悩みの方は、是非一度当院へご相談ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30