外反母趾・内反小趾

上の画像の二人の足は軽~い外反母趾で、内反少趾もあります。
それに小趾の付け根にはタコも出来ています。

脳に直接アプローチする ストレス消去法と独自のセルフケアで、 自律神経由来の痛みや 数々の不調を解消する当院の施術は医師からの推薦も頂いています。

私も全幅の信頼を寄せています

医療法社団桑島内科医院  院長 桑島達郎さん

事故や怪我など、痛みの原因がはっきりしている場合は問題ありませんが、あらゆる検査でも原因が特定できない痛みや不調の大半は、自律神経の乱れから引き起こされていることが非常に多く見受けられます。

そんな自律神経の乱れの主な原因にもなっている、ストレスに対しての消去法を開発、発表された日本気導術学会の研究セミナーに、私自身も7年間以上、毎月参加させてもらっています。

日本気導術学会で研究講師をされている篠原整骨院 篠原裕喜先生には、私自身も研究セミナーでは新しい技術の指導を受け、先生の施術に対する考え方にも全幅の信頼をよせています。

もし、あなたが原因不明の痛みや症状に悩まされているのなら、篠原整骨院 篠原裕喜先生に相談されてみては如何でしょうか。

【香川県の病院】医療法社団桑島内科医院さんのサイトはこちら

※結果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

こんな外反母趾 内反小趾の症状にお悩みではございませんか?

  • 靴に当たって痛くて歩くのがつらい
  • 手術したけど、楽にならない
  • 変形して、見た目が嫌だ
  • 歩きにくい

最近は男性も、中・高校生やハイヒールを履いたこともない女性が外反母趾に悩んでいます。

【ご注意!!

一般的には全く知られていませんが、外反母趾は全身の筋肉に痛みを作り出し、内蔵の機能を低下させ、正常な脳の機能をも低下させてしまいます。

なぜ、あなたの外反母趾は今まで改善しなかったのか?

●●を知らない限り、外反母趾は改善されません!

巷には外反母趾が治ると宣伝していますが、施術を受ければ形は良くなります。

でも、靴を履いて歩いたあとの外反母趾を見たことがありますか、施術を受けたあとの形とは違っていて、元の状態にほとんど戻っています。

外反母趾はその形だけに焦点が当たっていますが、足指の機能面の低下はそれ以上に重大で、内蔵も含めた全身に悪い影響を及ぼしています。

判りやすく言えば、足指を使わないという原因から外反母趾が発症するのに、形だけを直したとしてもすぐに元の形に戻ってしまいます。

頭痛、首痛、肩こり、腰痛、股関節痛、ひざ痛、慢性捻挫、静脈瘤、冷え性、生理痛、生理不順、便秘、顎関節症、花粉症、アトピー、めまい、など、外反母趾の足指の使い方がこれらの症状の原因となっていることがほとんど知られていません。

【参考書籍】

・足力 阿久根英昭(著)
・趾でカラダが変わる 中村孝宏(著)
・足指をにぎるだけで、腰とひざの痛みは消える! 中島章夫(著)
・「足をもむ」だけで体と心が超健康になる!  市野さおり(著)

そもそも外反母趾の原因は?

足指を使わない歩行が原因、なので手術や整体だけでは根本から改善しません。

手術で形自体は治りますが、その機能面が元の状態まで回復することはありません。

外反母趾専門の整体で形だけにこだわっていても、外反母趾の原因となった、足指の使い方を元から変えなければ、1時間~数日で以前の形に戻ってしまいます。

外反母趾の親指の亜脱臼があったとしても、足指を使う歩行に変えれば、手術しなくても形はある程度まで、元に戻ります。

ほとんどの方がご存知ありませんが、外反母趾の形にばかり囚われていて、足指の機能面には何の関心もありません。

一番大切なのは、足指の機能面なのです。

では、なぜ当院の施術で外反母趾が改善に向かうのか?

歩行矯正で外反母趾の痛みも機能面はもちろん、形も改善に向かいます。

当院でお教えしている「ウォーキング療法」足指歩きで外反母趾の機能面も形のトラブルも全て改善に向かいます。(マキノ出版 健康雑誌「安心」掲載)

外反母趾の痛みを取り去る施術と、足指の機能を回復させる「ウォーキング療法」足指歩きのセルフケアの両輪で、外反母趾の形だけではなく、その機能面も回復。

外反母趾は足だけてはなく、全身の調整、施術が必要です。

 

 

外反母趾は足だけてはなく、全身の調整、施術が必要です。

血液、リンパ、脳脊髄液などの体液循環不良  (体質改善)
自律神経の乱れ  (ストレス消去)
蔵機能低下  (内臓調整)
重心軸のズレ  (重心調整)
左右対称性に機能出来ない身体の歪み  (頚椎、骨盤調整)

 

西洋医学や東洋医学など、現代の医学では手の打ちようの無い症状も数多くの改善例が報告されているのが頭蓋仙骨療法というアメリカで始まった施術法です。

薬や手術に頼らず、科学的かつ自然な方法で中枢神経である脳や脊髄の働きを調整します。

触れる程度の優しい刺激で身体のこわばりを解きほぐし、血液やリンパ液、脳脊髄液の流れを促し、あなたが本来持っている自然治癒力を高めていくものです。

深いリラクゼーション効果や自律神経を整える働きもあります。

当院では、これら5つの原因を根本的に取り除き、自然治癒力を高める施術をおこなっています。

なかなか改善しない外反母趾・内反小趾に悩む方へ

外反母趾の形にだけ拘っていても仕方がありません。

形より、その機能面の働きを正さなければ、いくら直しても改善されません。

当院の歩行矯正を受け、形も機能面も同時に改善されることをオススメいたします。

 

外反母趾・内反小趾でお悩みの方は、是非一度当院へご相談ください!

 

足指ジャンケンも出来る様になりました。 箕面市 K.Y さん  68歳

私の妻も、足指歩きでひざ痛が良くなってきました。

妻は若い頃にスポーツをやりすぎたために、ひざの軟骨がすり減ってしまい、ひざに水がたまるようになっていたのです。

根本的に良くなるということはなく、しだいにО脚になってきて、いつもつらそうでした。

長い時間は歩けないので、移動はほとんど、どこへ行くにも車に載っていました。

それが足指歩きをやり始めた頃、膝の痛みが徐々に軽くなってきたのです。

また、足指歩きをしていたら、外反母趾がよくなりました。

足の親指が曲がってしまい、ろくに動かせなかったのに、今では足指を使ってする「足指じゃんけん」も出来る様になりました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

家の中でスリッパをやめ、草履を履くようになりました。 太田光子 大阪市 64歳

足の裏にはウオノメがいくつもできて、巻き爪も指の肉に食い込んで、ひどく痛むようになりました。

病院に行ったところ、巻き爪は手術しなくては治らないといわれました。

そんな折、久しぶりに訪れて先生に相談したところ「ウオノメも巻き爪も外反母趾も、歩き方を変えさえすれば治りますよ!」と言われたのです。

こうして足指歩きをやり始めてから、1週間ほどたったところで、なんと、手術が必要といわれていた巻き爪が治ってしまったのです。

これには心底、驚きました。

さらに時間がたつうちに、足の裏の皮膚がぶ厚く、ガサガサだったのが、薄く、滑らかになってきました。

紫がかっていた皮膚の色も、健康的なピンク色になり、感動しました。

ふと気が付けば、十数個もあったウオノメも、一つ残らずなくなっていました。

外反母趾だけは、すぐにはよくならず、2年ほどかかって、ようやく足の親指が地面に着くようになりました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30