巻き爪・陥入爪

脳に直接アプローチする ストレス消去法と独自のセルフケアで、 自律神経由来の痛みや 数々の不調を解消する当院の施術は医師からの推薦も頂いています。

私も全幅の信頼を寄せています

医療法社団桑島内科医院  院長 桑島達郎さん

事故や怪我など、痛みの原因がはっきりしている場合は問題ありませんが、あらゆる検査でも原因が特定できない痛みや不調の大半は、自律神経の乱れから引き起こされていることが非常に多く見受けられます。

そんな自律神経の乱れの主な原因にもなっている、ストレスに対しての消去法を開発、発表された日本気導術学会の研究セミナーに、私自身も7年間以上、毎月参加させてもらっています。

日本気導術学会で研究講師をされている篠原整骨院 篠原裕喜先生には、私自身も研究セミナーでは新しい技術の指導を受け、先生の施術に対する考え方にも全幅の信頼をよせています。

もし、あなたが原因不明の痛みや症状に悩まされているのなら、篠原整骨院 篠原裕喜先生に相談されてみては如何でしょうか。

【香川県の病院】医療法社団桑島内科医院さんのサイトはこちら

※結果には個人差があり、効果効能を保障するものではありません。

こんな巻き爪・陥入爪の症状にお悩みではございませんか?

  • 長時間歩いたとき痛む
  • ヒールの高い靴を履いたとき痛む
  • 先の細い靴を履いたとき痛む
  • つまずいて、つま先に思わず力を入れてしまったとき痛む
  • 足を踏まれたとき痛む
巻き爪って、本当に痛いですよね。 
化膿したら、それはもう激烈な痛さです。

  • 巻き爪の矯正法として、ドイツで生まれた『B/Sスパンゲ』という 矯正方法も試しました。 B/Sスパンゲは、形状記憶する特殊な透明プラスチックプレートを 爪に貼りプレートが戻ろうとする力を利用して矯正を行うというものです。 でも、それも根本からの改善ではありませんでした。
  • 長年巻き爪でVHO式で治療してきましたが、外すと元に戻ってしまい 金額も高くて大変でした。
  • 巻き爪で1ヶ月に1度は痛くなり、歩くのも大変です。 痛みが出て化膿すると、とりあえずその部分を切ることの繰り返しでした。
  • 年齢を重ね徐々に巻き爪がきつくなり、ワイヤー等の治療もしてみたけど 爪が割れるなどで改善されず、通販でいろいろ試してみたけど、やはり その場しのぎで継続できるものはありませんでした。

通常は上記の治療法しかありませんが・・・。

当院では巻き爪、陥入爪の発症メカニズムが明らかとなりました。

世界でも、もちろん日本国内でもその発症メカニズムは解明されていません。なので巻いた爪や、食い込んだ爪を平らにするという物理的な方法でのみ、現在は治療とされています。

これでは元を断つということにはならず、上記のように継続した治療をしなければ、良い状態を維持・継続することはできません。

 

当院では爪が巻く原因をお一人、お一人にお教えし、その解決法も同時にお教えしています。

その方法の実践で、金輪際、何十年たっても再び巻き爪にはならないのです。

なぜ、あなたの巻き爪・陥入爪は今まで改善しなかったのか?

巻き爪・陥入爪になるメカニズムが解っていないからです

一般的には皮膚科の病院ではこんな風にいわれています。

 

爪の端をきちんと切ろうとして、無理やり爪切りを押し込んで切っていませんか?


実は、家庭用の爪切りでは、爪の端まできちんと切ることができません。 


無理やり押し込んで切っても、端がトゲ状になって残ります。 


このトゲが、皮膚に食い込んで、激痛を生みます。

 

でもこのときの爪のカーブはどうなんでしょうか?

カーブがきついから爪の端が皮ふに食い込んで、カーブが緩ければ爪の端は皮ふには食い込みませんし、必要以上に巻きもしません。

 

爪のカーブは生まれつきのもので、仕方のないこととでも考えられているのでしょうか?

そもそも巻き爪・陥入爪の原因は

爪のカーブが緩やかになれば、食い込みも、巻きもしません。

巻き爪・陥入爪は必要以上に爪が巻きすぎることが、最大の原因です。
 

爪のカーブは地面からの圧力を均等に逃がすためにあります。

常に爪はカーブを維持するために、湾曲し続ける形状記憶があります。

たとえば地面からの圧力が足指に全く掛からなくなれば、その爪は必要以上にカーブをきつくします。

 

ちょうど寝たきりの老人と同じように

巻き爪・陥入爪は、昔は寝たきり老人の特徴的な症状でした。

では、なぜ当院の施術で巻き爪・陥入爪が改善に向かうのか?

巻き爪・陥入爪の原因に対処するセルフケアがあるからです。

巻き爪・陥入爪は施術だけでは不十分です。
 

日頃の足指の使い方に注意を払う必要があります。

日常生活での当院独自開発のセルフケアを取り入れることで、巻き爪・陥入爪を最短で改善に向かうお手伝いをしています。

痛くない、器具も使わない、治療と予防は自分自身で出来、一生涯巻き爪の心配はいらない、そんな夢の治療法です。

あなたが始めて耳にするセルフケアーの治療法です。

なかなか改善しない巻き爪・陥入爪に悩む方へ

当院独自開発の巻き爪・陥入爪に有効な、こんなセルフケアを提供しています。

悩みの巻き爪・陥入爪が1週間で・・・。 太田光子 大阪市 64歳

足の裏にはウオノメがいくつもできて、巻き爪・陥入爪も指の肉に食い込んで、ひどく痛むようになりました。

病院に行ったところ、巻き爪・陥入爪は手術しなくては治らないといわれました。

そんな折、久しぶりに訪れて先生に相談したところ「ウオノメも巻き爪・陥入爪も外反母趾も、歩き方を変えさえすれば治りますよ!」と言われたのです。

こうして足指歩きをやり始めてから、1週間ほどたったところで、なんと、手術が必要といわれていた巻き爪・陥入爪が治ってしまったのです。

これには心底、驚きました。

さらに時間がたつうちに、足の裏の皮膚がぶ厚く、ガサガサだったのが、薄く、滑らかになってきました。

紫がかっていた皮膚の色も、健康的なピンク色になり、感動しました。

ふと気が付けば、十数個もあったウオノメも、一つ残らずなくなっていました。

外反母趾だけは、すぐにはよくならず、2年ほどかかって、ようやく足の親指が地面に着くようになりました。

 

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30