リーキーガット症候群(漏れる腸)

まだまだ日本では聞きなれない言葉『リーキーガット』ですが、アメリカでは当たり前に聞くことが多い『漏れる腸』

腸の粘膜に穴が空き、菌やウィルス、たんぱく質など、本来は腸管内にあるべきものが血液中に漏れ出す病気のことです。

食物アレルギーがある場合、もしかしたらあなたもリーキーガットかもしれません? 日本人の約7~80%がそうだとも言われています。

このリーキーガットが最近注目されているのは、食物アレルギー、喘息、慢性鼻炎、偏頭痛、子宮筋腫、便秘、リューマチなどの自己免疫疾患、関節炎、腸炎、アトピー、甲状腺疾患などの様々な慢性的な炎症疾患の原因であったり、これらの症状を悪化させるということが分かってきたからです。

また、うつ病、統合失調症、や不安症なども悪化させる傾向にあり、近年増加し続ける、大人のASD自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、発達障害にも大きく影響を及ぼしていると報告されています。

 

* 腸内悪玉菌、善玉菌、カンジダ/イースト菌の繁殖、その他の悪影響を及ぼす細菌、大腸菌のアンバランス
* 食物(肉タンパク、脂肪、炭水化物)の分解と吸収能力、膵臓酵素の作用
* 腸管のpH、炎症、免疫機能、短鎖脂肪酸など基本的に食物が口から摂取され排泄される間の状態
この検査結果の検証をもとにお腹の治療をするだけでも状態が改善する可能性が大いにあります。

 

その例として、医者の指示通り自閉症児の診断テストの前には何も飲食させない場合、子供の症状が良くなったと、親が報告する例がよくあるのです。でもテスト後に子供たちが飲食を始めるとすぐに症状が戻ってしまいます。食事を摂取しないことで、このように短時間で症状が良くなるならば、恐らく我々は、すばやい変化を可能にさせる、化学的に動く「ソフト」のようなもの(恐らく、免疫機構のシグナル)を目の当たりにしているのです。少なくとも一部の自閉症は一種の代謝脳障害(全組織に及ぶ作用)に起因し、肝硬変が脳に影響を与えるのと同様に、脳に作用するのです。」

http://kenko-waza.com/?p=3599 健康技

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30