発達障害

こんな症状にお悩みではありませんか?

ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)

  • 嘘がつけない正直者。”空気の読めない”、場にそぐわないような発言をしてしまうことが多い。
  • 好きなことはとことん突き詰める。逆に興味のないことは全くの無関心になる。
  • 寡黙。考えを表に出すことが苦手で、意図のない”おしゃべり”を嫌う。
  • 多弁。人見知りせず、相手を選ばずに自分のペースで話をしていく。

ADHD (注意欠如多動性障害)

  • 好奇心旺盛。注意が散りやすく忘れ物がが多く片付けができない。
  • おっとりしている。ぼーっとして話を聞いていないようにみられる。
  • 活発で元気。着席は苦手で落ち着きがない。
  • 行動力がある。衝動性が抑えられず、突発的な行動が多い

LD(学習障害)

  • 日常生活で理解力に不安はないが、勉強だけができない。
  • 文字がぼやけて見えたり、反転して見えたりする。
  • 本を読むのは好きだが文字が全く書けない。
  • 暗記力はあるが数字に関することだけは覚えられない。

なぜ、発達障害は改善されなかったのか?

発達障害は脳機能に関係する障害・特性で、対処や治療は大きく分けて教育・療育的支援と薬による治療があります。でも、現時点で発達障害を根本的に治療することはできないと言われています。

適切な療育や訓練はもちろんですが、人の身体に本来備わった自然治癒力を使い、脳機能のプログラムを変更すると、症状の改善や可能性が出てくることが解ってきました。

これら脳機能障害の根本的原因とされているリーキーガットの改善がカギです

日本では聞きなれない言葉『リーキーガット症候群』(漏れる腸)ですが、近年アメリカでは大変騒がれている病気です。でも、日本では専門家でさえ知らない、ごく新しい情報です。

このリーキーガット(漏れる腸)がうつ病、統合失調症、やパニック、不安症なども悪化させる傾向にあり、近年増加し続ける、ASD自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、発達障害にも大きく影響を及ぼしていると報告されています。

http://tomomihasegawa.com/leakygutsyndrome/

http://atopy100days.com/?p=5063

なぜ、当院の施術で改善に向かうのか

遺伝子

なかなか改善しない発達障害に悩む方へ

当院では脳のプログラム変更を得意として、性格や性質、気質などの改善をどこよりも早くから手掛けてきました。

血圧の低下や体温の低下、脳脊髄液の循環不良から頭痛、めまい、吐き気、倦怠感に悩まされ、朝起きに問題が有り、学校を休まざるを得ない子どもさんたちの施術を通じて、彼らの症状悪化の根本原因となっているストレスの消去・解消から、発達障害改善の手掛かりをつかむことが出来ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

篠原整骨院

篠原整骨院

住所
〒537-0011
大阪府大阪市東成区東今里3-20-16
交通
地下鉄千日前線新深江駅 徒歩15分
TEL
06-6971-4406

受付時間:13:00〜19:30

定休日:日曜、祝祭日

受付時間
13:00〜19:30