お母さんの鼻つまりは、息子さんの脳下垂体の成長ホルモン不調を知らせていました



11か月前からのお母さんの鼻づまりは、1歳の息子さんの脳下垂体の成長ホルモン不調を知らせる信号として出ていました。


腰痛で来られたお母さんは腰椎の4番、5番のズレ、右の仙腸関節のズレ、腰の筋肉を包む筋膜のゆるみ、12日前の肝臓、左右腎臓の細菌感染による機能低下、子宮筋腫2.3ミリが主だった原因でした。

咳が良く出るという症状に対して、脳幹部分の延髄の不調が原因。

もう一つ、鼻つまりが激しいのは。11か月前からお母さんに対して守護霊から「息子さんの脳下垂体から成長ホルモンが正常に出ていませんよ」という信号でした。

子供さんを調べてみると成長が平均より低く、おおよそ90%ということでした。


時間的な余裕があり、お母さんに出されていた信号までキャッチし、息子さんのトラブルを未然に防げたことご夫婦には大変喜んでいただけました。
?Gg[???ubN}[N??