心臓の弱り、不整脈と息切れ、脚のむくみは「怒り」



58歳 男性会社員 心臓の弱り、不整脈、息切れ、脚のむくみは「怒り」が原因。

脚のむくみを検査すると、
・心臓機能が77%と低下。それがむくみの原因52%
・心臓機能と連動して腎臓機能が82%と低下している。むくみの原因35%
・これらに肝機能も連動して、90%と低下。むくみの原因12%

更に詳しく検査すると、
・肝臓の機能低下には肝臓のトラブルはなく、心臓、腎臓、肝臓、肺の連動の不調が原因。
・腎臓の不調も、腎臓自体のトラブルはなく、心臓、腎臓、肝臓、肺の連動の不調が原因。
・心臓の不調は、心臓自体のトラブルはなく、心臓に精神的なストレスがかかっている。それが不整脈と心機能低下の原因。
・心臓のストレスは、奥様に対してのご本人の怒りが心臓に溜まり、不整脈と不調を起こしている。

こんな検査結果を伝え、納得はしてもらっていませんが処置は済ませました。

そこから数日後のメール
—–Original Message—–
From: “●●●@docomo.ne.jp” <●●●@docomo.ne.jp>
Sent: Terça-feira, Agosto 27, 2019 10:19 AM
To: 篠原整骨院
Subject: 篠原先生

●●です。おはようございます。
先日は治療ありがとうございました。
おかげさまで腰の痛みはすっかりなくなり、脚もむくみはほとんど消えてしまいました。
家内に対しての怒りが原因とお聞きした時には理解は出来ませんでしたが・・・。
———————————————————————————————————————-
ここまでで以下消去





?Gg[???ubN}[N??