生理前の痛み? 丸まって寝なければ耐えられないお腹の痛み



2日後から高校のテスト、突然のお腹の痛みでテスト勉強が全く手に付かず緊急の電話が入りました。

生理前の痛み? 丸まって寝なければ耐えられないお腹の痛み。
テスト前なのにまったく勉強どころではない、異常な下腹部の痛み。

「そんな症状を至急検査して欲しい。」
このお嬢さんも、お母さんも以前からわたしの治療院の患者さんでした。

「1年以上、中学校へ行けてない・・・。」数件の大学病院で診察を受けられていたんですが、原因不明で立ち上がれなくなり、学校へも通えなくなり、家の中ではひざ立ちで移動されていた。1年間以上も症状が良くならず、ネットを探しまわり当院に来られました。

半年かかりでいろんな原因を一つずつ潰し、とうとう自分の足で立ち上がることが出来。
そこからもメンタル面の治療を続け高校入学を果たせた段階で治療は終了していました。


そんな方たちなので私自身にも、治療にもそれなりの認識はお持ちです。
だから電話で緊急の遠隔治療を希望されたんです。

電話口でほとんどの原因が判ったので、私の予定では1時間で痛みの85%、2時間でほぼ100% 取れる予定と伝えました。
それで遠隔の同意を頂き、「1時間様子を見ると・・・。」おっしゃっていただき、「その後、病院に行くかを判断する。」
こんな会話を交わしました。

電話口で痛みの原因を検査すると
・子宮の機能が71% 細菌とウイルスが41日前から感染。
・右の卵巣機能が51% 細菌とウイルスが41日前から感染。
・左の卵巣機能が57% 細菌とウイルスが41日前から感染。
・小腸の機能が85% 細菌とウイルスが41日前から感染。
これだけの個所に同時期に感染があり、1日前から菌の勢いが310%。それがお腹の痛みに・・・。

体温が36.7度 平熱36.4度 微熱があります。
血圧が125/67
自然治癒力が91%
免疫機能が95%


これをお伝えした時点で安心されたのか、ベットで横になられ2時間後。

「すっかり痛みは無くなりました。」お母様からの電話では「もう、別人になりました」


良かったです
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj