Оリングと整体で右足首と足の変形は骨折後の歩行が原因と検査



Оリングと整体で右足首と足の変形は骨折後の歩行が原因と検査


60台、男性、もう一度ゴルフがしたいと来られました。満足に歩けないとのこと・・・。
・右足の骨が変形し、足弓=内側アーチ=土踏まず=偏平足
・右足の親指を地面側に曲げるための、足裏の筋肉が踵の骨に付いた部分の痛み=足底筋膜炎
・右足親指の無意識下での使用率1%、左3%
・歩行時、踵着地時の背屈角度18度
・踵重心95%

これらの問題点をその場で改善できるものは処置を済ませ、矯正のための歩行法を教えると、歩行時、痛みの80%は消失。
ほとんど立ってられない。
何分も連続して歩けない。
ということは改善され、これならゴルフは出来そう。でも、スコアーは???

という、段階までは来たようです。


変形した足の骨はちょっとや、そっとでは治りませんが、歩いてゴルフが可能な段階までは来たようです。
̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj