大学生の起立性調節障害 前日は行く気満々、当日は早朝起きれない、動けない、顔色なし



大学生の起立性調節障害 前日は行く気満々、当日は早朝起きれない、動けない、顔色なし

こんなメールが入って治療依頼がありました。
潜在意識にコンタクトして、検査を始めると
・当日、早朝の血圧は81/51 体温は35.1度
・彼女の身体に問題は無い
・この大学生本人が出している症状ではない、お母さんの健康異変を知らせている
・潜在意識が彼女と彼女の家族に知らせるためにこの症状を起こしている
・この内容を本人か家族にお知らせすれば症状は100%消える
・彼女の母親に子宮筋腫が0.2ミリ1個出来ている
・それ以外は問題なし

こんな検査結果をお伝えして、念のためにストレス、内臓の不調、骨格のズレ、筋肉の疲労、ネガティブな思考回路の改善施術をしました。思考回路の改善内容は

・潜在意識が未来を向いている度合い、現在または過去を向いている度合いの調整。
・顕在意識が未来を向いている度合い、現在または過去を向いている度合いの調整。

今までの施術例からも大抵の人はいずれの意識も未来を向いている割合は極めて少なく、たいてい一桁程度。
現在以上に過去に意識が向いている方たちが多いです。

意識が未来を向かなければ、将来の夢、目的が無いのと同じで活力もテンションも上がらないのはご存知の通り。
現在より過去に意識が向いているのは、考え方自体がネガティブな現れ

そんな意識の向きを抜本的に改善し、未来志向に変更するだけで
・体中の筋肉が柔らかくなり、痛みが消え、身体が軽くなる
・頭が軽くなり、心も軽くなり、ストレスを感じなくなる
・体温が上り、高い人だと37.0度、低くても36.6度
・血圧が正常域のさらに良いラインに到達
・気持ちが明るくなり、ポジティブな言葉、口数が増える
・考え方が前向き
・潜在意識、顕在意識が同じ方向を向き、エネルギーが強くなる
・潜在意識からのインスピレーションが多くなる

こんな調整をさせていただき、報告を送った翌朝。
「口の重い娘ですが、昨日、夕方から口数が明らかに増えました!」って返信が届きました。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj