突然の花粉症と、数年前の事故で断裂しかけた右足親指の違和感、痛みを治してほしい。



突然の花粉症と、数年前の事故で断裂しかけた右足親指の違和感、痛みを治してほしい。

40台 男性のこの症状、調べていくと脳下垂体の異常が原因で電磁波を通常の23倍受けて、身体に静電気が起こり、花粉やPM2.5、ほこりなどを掃除機で吸い込むようなスピードで身体に取り込んでいる。それだけではありません、松果体という器官も異常を起こし化学物質の悪影響を33倍受けるという念の入れよう。

この方、花粉症の症状は初めてで、アレルギーもありません。検査の結果、原因は電磁波だけってことになりました??

なぜ、脳下垂体が微妙に影響を受け機能障害を起こし、電磁波を余計に受けることになったのか。
その理由は会社のワーキングスペースにある特殊な機器が原因となったのです。

花粉症は施術で処置できたのですが、どうやら業務上の事故で断裂しかけた拇趾、見かけはしっかり治り、形はきれいになっていますが、神経の亀裂やキズ、神経の鞘のキズも多くて、その機能は正常ではありません。

それらを念頭に痛みを消去したのですが、そのあとも拇指には違和感が残ってしまいました。

脳の書き換えも済ませました。それでも違和感が消えず、患者さんと話しをしていると、
何やらインスピレーションが届きました⇒これは良い知らせ
誰に対して?⇒患者さんの症状に関して、私への知らせ。
治療に関して⇒YES
何をすれば良いのか?⇒●●●●?を取ればよい
それで残っている違和感は無くなる?⇒YES 100%

こんなインスピレーションを頼りに治療を進めていますが、目からウロコの情報ばかりです。
次から次に頭に浮かび、それに合わせて検査すると、また頭に浮かび、それが止まったときには治療が終わっている。
ほとんど、こんな感じで施術を行っています。

そんな治療を進めているうちに違和感が無くなってくれたのです。

最終的に処置して違和感が取れたものは、脳内にあるネガティブなエネルギー(ストレス)だったのです。
何かわからないストレスのようなものが消えたことで、違和感が無くなったのは事実でした。

̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj