院長ブログ

最新のお知らせ new!!


2020年12月31日 : 自分自身が何十年もこの過敏性腸症候群 IBS に悩まされていました。



自分自身が何十年もこの過敏性腸症候群 IBS に悩まされていました。

過敏性腸症候群の場合は、大腸のぜん動運動が盛んになるため、腸の内容物の水分が十分吸収されず、下痢状態で排泄されるケースが多いのでトイレに悩まされていました。この症状の方はそんな苦労があったと思います・・・。

通常、自律神経由来の小腸、大腸のトラブルと思われますが、自分が何年も前から使っている特殊な検査により〇〇が原因してることが最近解ってきました。100%そうだとは思っていませんが、相当数の割合で〇〇が原因だと思われます。

MRI,CT,レントゲンでも見えないですし、血液検査でも、ストレスでもないので実態がつかめないですが、
でもその存在を特定できれば、処置後3~4時間で症状を改善できています。

私も自分の症状を1回の施術で改善出来るようになり本当のところ喜んでいます。


まだまた臨床例も少ないので絶対とは言い切れませんが、何の副作用も無く、施術に関してする側も、される側もノンストレスは言うまでもありません。どころか、身体に圧力を全くかけずに、嫌な話も聞かれることなく、今後何かを継続しなければいけないとか、何か特別なことをするとか、そんなことは1%もありません。

施術者が一方的に検査して、もし〇〇があれば処置するというだけ、まったく相手任せなんです。


それだけで60年以上悩まされていたことが何秒の間に改善されるって、騙されたって思わなくもありません。
事実、これを施術された方たちは「特別何かをしたわけでもなく、何かを詳しく聞かれたわけでもなく、〇〇を消去しておきますねって言われただけで、次の日から違うんですね!!」

感想は「訳が分からないが、お腹がキリキリ痛むことがほとんど、まったく無くなってきました」
そんな評価を頂いているのは事実です。

いや~、不思議です!!!


〇〇って、いろんな不調の原因になっているんです。知らなかった~。



2020年12月11日 : 冷え性を治す体質改善、何をすれば良いのでしょうか?


冷え性を治す体質改善、何をすれば良いのでしょうか?

昔から「冷え性を治すために体質改善しなければ・・・」と良くお聴きしますが、一体、どのように体質改善するのか?
一般的には、
・規則正しい生活
・漢方薬で内臓機能を高める
・ストレスを解消して自律神経の働きを高める
・運動不足を解消して筋肉量を増やす
これらが正しい答えなのですが、すぐには結果は出ないのが悲しいですね。

ところで、体温には表皮体温と深部体温の二つがあり、日ごろ計っているのは表皮体温です。
大切なのは深部体温の方、しかし深部体温はなかなか測れるものではありません。

深部体温が1度低下することで(勘違いしないでください表皮体温ではありません)
・免疫力は30%低下
・基礎代謝は10%低下
・酵素の働きは50%低下

そんな体温はこれらを調整することで上がり、自然治癒力も自律神経の中枢部、視床下部を正し。
そこから分泌される900種類以上のホルモン分泌も正常にしてくれます。
自律神経失調症と漠然と捉えている症状もここを処置して欲しいですね。

血圧   /
深部 身体温
深部 足体温
自然治癒力       %
自律神経 視床下部    %
異常なホルモン    種類
影響個所       ヶ所
脳    ヶ所 / 心   ヶ所
内蔵         ヶ所

視床          %
下垂体
松果体
  橋    中脳   延髄  
波動

心臓          %
・右肺
・左肺

小腸
大腸
肝臓
・右腎臓   副腎  右尿管
・左腎臓   副腎  左尿管
膀胱
すい臓
脾臓
胆のう   胆管
・右卵巣   右卵管
・左卵巣   左卵管
子宮     頸管  /40ミリ  
前立腺
精巣




2020年11月24日 : 「人の悩みは全て人間関係の悩みである」とアドラー心理学では言われています。


「人の悩みは全て人間関係の悩みである」とアドラー心理学では言われています。

確かにそのように思えますね。
人間関係の一番最初の単位は両親との関係。
二番目は兄弟を含めた家族との関係。
三番目は家庭を含めたコミュニティー。
もっと大きく日本全体。
更に世界全体。

人間関係の基本中の基本、母親、父親に対して「愛情、尊敬、信頼」という当たり前の心を持てていない人が多いように思うのです。

人間関係のストレス除去を依頼され、両親との関係を調べる中で、顕在意識でも無意識(潜在意識)でもその関係は・・・。
それらの人たちにも両親との関係を意識させ、その中に含まれ、問題を起こしている無意識を消去して両親との関係を改善します。
その関係が改善出来ればおのずと問題のストレスは根本から無くなり、消し去ることが出来るのです。



人間関係にトラブルを抱えている人に、両親との関係を尋ねると「う~ん・・・。」と返事に詰まられるのも珍しくありません。
それほど両親との関係が当たり前、普通、当然のようになっていて、わざわざ考えることも無ったのでしょう。

それ自体は悪いことではありませんが、そのことをどのように考えているかという意識が重要なんです。
日常生活で特別に考えることでもないのですが、その考えがあなたの人間関係のベースになっていることを理解して欲しいのです。

両親に対して顕在意識と無意識がどのように考えているのかが重要なんですが、一般的にはこれは認識外の部分ですよね。


人間関係のトラブルやストレスを改善する施術をしていて、何時もその部分に引っ掛かり、ぶち当たるのです。



2020年11月17日 : HSP、エンパス、霊感をどのように分類するのか?
HSP、エンパス、霊感をどのように分類するのか?

5人に1人という確率で、このような個性というか、性質というか、感覚が備わるのか?

今までの治療の経験から、ご本人のお母様ないしお父様からの遺伝が最有力ですね。
本人のお母様やおばあさま、お父様、おじいさまがそのような性質、個性を持ち合わせています。
それにご姉弟にも大抵いらっしゃいます。

これを書いてる私は全くこのような個性は持ち合わせて生まれてこなかったのです。

しかし、治療の能力を上げるために試みていた脳の活性化によって思わぬ能力が備わったのです。
(私にとってはこれは超能力であって、歓迎される個性、性質です)

そんな私は、これらの感覚が研ぎ澄まされる過程で、臭いにも光にも味にも触覚にも聴覚にも異常な感覚が現れました。
洗濯洗剤や柔軟剤、一般の人が感じられない匂いなど、五感が異常な動物的な感覚になるのが解りました。

新しい作者の本を手に取っても、テレビを見ても、前から近ずいてくる人を見ても、電車に乗っても、人ごみに入っても、新しい患者さんにも、スマホを見ても、電磁波を強く受ければ頭痛や吐き気が、店に入れば特定の人に反応してドキドキ、息苦しくなり、色んな歓迎しない情報が押し寄せてくるのです。

そんな経験を通り抜けてきたから言うのですが、科学的に分類することも、スピリチュアル的に分類することも、霊的な感覚で分類することも興味ありません。

それが判明したところで本人には恩恵があるわけでもありません。

私の仕事はHSPであれ、エンパスであれ、霊感であれ、それがあることで困ったり、苦しんだり、痛みを伴ったり、生活の質の低下があれば改善したり、コントロールする方法を教える事が重要なんです。

HSP、エンパス、霊感のコントロール法、期限付きでストップさせ、、完全に消去する治療が本来の仕事です。


嬉しいことに、コントロール出来れば、ストップされれば、消去されれば・・・、まったく普通の人に戻れるのです。

2020年11月15日 : WEBサイトリニューアルのお知らせ
平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
この度、WEBサイトをリニューアルいたしました。
より一層の内容充実に努めてまいりますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
このエントリーをはてなブックマークに追加