未分類

身体と心の病を癒し、自分らしく生きる人生のお手伝いをする篠原整骨院

緊急事態宣言、こんな状況下だからこそ、皆様に有効な「あること」を紹介しています。



緊急事態宣言、こんな状況下だからこそ、皆様に有効な「あること」を紹介しています。

私たちには外敵(細菌、真菌、ウイルス)から身体を守る機能が備わっています。
それは自然免疫と後天的に備わる獲得免疫との二つがあります。
免疫は私たちを守ってくれるとても重要なシステムです。


その免疫に対し、私たちに出来ることは何でしょうか?

・システムがうまく機能するように、生活習慣を整えたり、良い食事で腸内環境を整えることだったり、
・体温が下がっているようなら、適正な体温に戻すように指導したり、
・血圧が下がっているようなら、適正な血圧を維持できるように指導したり、
・自律神経が失調しているようなら、調子を取り戻せるようにストレスチェックをしたり、
・自然治癒力が低下していれば、基本的な体の使い方を提案したり、
・ストレスを受けないように、かからないように考え方の根本の改善を提案したり、
・内蔵全体の機能回復の呼吸法の指導をしたり、
・便秘を改善し、胸腺を活性化するストレッチを指導したり、

最大の注意を払って、それでも万が一、新型コロナウイルスに感染したとしても症状が悪化しにくい身体作りを提案、指導しています。

一般的には感染すれば抗体が出来るわけですが、その獲得免疫が正しく作動するには、すべての身体が元気であることが重要です。


新型コロナウイルスに恐れているだけではダメです。
行動を自粛するのはもちろんですが、自分でやれること、手助けしてもらえば出来ることを選んで実践することは重要です。

ただじっとしていることは最善ではありません。
あなたがやれること、少しでも効果があることをこの機会に実践してください。
私どもで応援させていただけることは結構あります。

アフターコロナ 堀江貴文氏が新型コロナウイルス抗体検査を受ける動画を見ました。



アフターコロナ 堀江貴文氏が新型コロナウイルス抗体検査を受ける動画を見ました。
残念ながら抗体は無いと検査されましたが、新型コロナウイルスには感染していなかったということですよね。

————————————————————————————————–
中国では新型コロナウイルスの感染から回復した人の血液に治療に有効な抗体が含まれているとして、
その血液をもとに作られた薬を患者へ試験的に投与しています。

中国国営の医薬品メーカーは、感染から回復した人の血液中の「血しょう」をもとに作られた薬を
重症患者10人以上に投与したところ、明らかな回復傾向が見られたと発表しました。

投与された患者には、24時間以内にウイルスの減少や炎症が軽くなるなどの効果が見られ、
体内に抗体が作られたと考えられています。

感染が広がる武漢がある湖北省では医療機関などが回復した人に血液の提供を求めていて、現地では献血が行われています。

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000176327.html
—————————————————————————————————-

新型コロナウイルスに感染したとしても、通常、正常な免疫機能を獲得していれば、重症化することもなく完治している人たちも一定数いらっしゃるそうです。

平素から、規則正しく、ストレスを溜めないように、バランスのとれた栄養摂取と十分な休養など。

それらと並行して、
・適切な処置で常に自然治癒力を高め
・身体を冷やさず、高い体温を維持する(36.8~37.2度)
・自律神経中枢部 視床下部の働きを正常に保つ

これらの処置をすることで身体のポテンシャルも上がり、新型コロナウイルスと言えども、むやみに恐れることは無いと考えます。


どんなに頑張っても100%感染を許さないことなど不可能と思われる以上、現時点で自身の身体の能力をあらかじめ高めておくのが順当ではありませんか?


新型コロナウイルスの緊急事態宣言が功を奏して、外出規制が解除されたとしても、ウイルスは完全には無くなっていません。
なのでそれからでも感染は起こりうる可能性は大です。


不幸にも感染したとしても、症状を重篤化させないように

・自然治癒力の活性化
・体温の正常化 36.8~37.2度
・自律神経の活性化
・ストレスの消去および積極的な意識改革

にウエイトを置いた、
適度の運動と、規則正しい生活と、バランスのとれた栄養摂取と十分な休養、そして適切な施術と意識改革が重要と考えます。



新型コロナウイルスの影響でリモートセラピー(遠隔施術・ライン施術)が多くなりました



新型コロナウイルスの影響でリモートセラピー(遠隔施術・ライン施術)が多くなりました。          
先日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が7都府県に出されましたね。

私どもが営業する大阪でも、報道されている以上の数のコロナ感染者が広がっているように思われます?
新型コロナウイルスって、どれだけ免疫力を上げたからって絶対に感染しない保証はないそうです。

だからと言って必要以上に恐れることも、甘く見ることも良くないです。
・適切な処置で常に自然治癒力を高め
・身体を冷やさず、高い体温を維持する(36.8~37.2度)
・自律神経中枢部 視床下部の働きを正常に保つ
大きく、これらの維持、継続が大切と考えます。


・感染の経路は飛沫感染と接触感染の2種類
・WHOの知見によれば、万が一、感染したら潜伏期間は1~14日(一般的には約5日)とされておるようです。
・一旦感染してしまうと、有効な抗ウイルス薬等の特異的な治療法はなく、対症療法だけがあるそうです。

一般的な対策として、マスクによる咳エチケットや手洗い、アルコール消毒などが有効とされています。
疲労がたまっている方、睡眠不足の方はそれだけでコロナウイルスへの抵抗力が下がっていると考えられます。
厚生労働省もコロナウイルスを予防する有効な方法のひとつとしてバランスのとれた栄養摂取と十分な休養を推奨しています。

もう一つ重要な事は、我々の身体は主に「自然免疫」と「獲得免疫」の2つの免疫の働きによって、ウイルスから守られています。
「自然免疫」とは、体内にあるマクロファージや好中球などの免疫細胞が体内に侵入してきたウイルスを食べて消化することです。
「獲得免疫」とは「抗体」を使う免疫反応のことです。
マクロファージがウイルスを食べると、ウイルスの情報がT細胞、そしてB細胞へと伝えられます。
B細胞は食べられたウイルスに適した「抗体」を作り出すようになり、「抗体」を使うことで前に感染したウイルスを撃退しやすくなります。

個人差はありますが、コロナウイルス感染後10~14日後には抗体は出来上がるとされています。



通常、一度抗体ができれば同じシーズン中に同じ型のコロナウイルスにかかることはありません。
このように元気な体ならコロナウイルスに感染しても恐れることはありません。

そのためにも正しい方法で
・適切な処置で常に自然治癒力を高め
・身体を冷やさず、高い体温を維持する(36.8~37.2度)
・自律神経中枢部 視床下部の働きを正常に保つ
これらの事が重要と考えます。

71歳になられたご婦人が4日前から突然、動くたびにお尻が痛くなったと・・・。



71歳になられたご婦人が4日前から突然、動くたびにお尻が痛くなったと・・・。

以前、酷かった腰痛が再発したのじゃないかと心配され、コロナ騒動の中、来院されました。
さっそく検査に取り掛かるわけですが、今日は何か違和感というか、六感からのインスピレーション、サイン、メッセージがしっくり降りてきません。「これからやろうとしている治療は誰かのためにはならないのかも・・・。」そんなことを考えながら、

・この症状って本人が原因で創り出した症状?⇒いいえ
・なら、この症状は?⇒知らせ、メッセージ、サイン
・本人に対しての知らせ、メッセージ⇒いいえ
・家族に対して?⇒はい
・旦那さん?⇒いいえ
・息子さん?⇒いいえ
・孫さん?⇒はい
・上の孫さん?⇒いいえ
・下の孫さん?⇒はい

・彼の健康上のトラブル⇒いいえ
・彼の精神的なトラブル⇒はい
・ストレス?⇒はい
・大学に対してのストレス?⇒いいえ
・勉強に対してのストレス?⇒いいえ

・家族に対してのストレス?⇒ハイ
・両親に対してのストレス⇒はい
・それは母親?⇒はい
・以前からストレスは感じていた?⇒はい
・それに対して信号、メッセージが出た?⇒いいえ
・以前から感じていたストレスとは別物?⇒はい
・最近感じているストレス?⇒はい
・何時からのストレス?⇒4日前からのストレス

・このストレスの内容が判明したら信号、メッセージは止まる?⇒はい
・信号、メッセージが止まればお尻の痛みは無くなる?⇒はい 100%
・お尻の痛み、腰痛の治療は必要?⇒いいえ
・この症状の原因を検査する必要はありますか?⇒いいえ
・余韻は残りますか?⇒はい、6%
・余韻の処置をする必要は?⇒はい
・下の孫さんのストレスの処置をする必要はありますか?⇒はい
・祖母、71歳のご婦人にこの検査結果を知らせるだけで処置は全て終わる?⇒はい


このような検査結果を伝えるとご婦人はすんなりと理解されました。(何度も治療を受けられ、信頼関係は出来ています)
ベットから立ち上がっていただきましたが、主訴のお尻の痛みも、腰痛もありません。
ご自分でも仰っていますが、ご本人も不思議な経験をされました。

もしあなたがこのような検査結果を伝えられたとして、そのことを受け入れることは出来ますか?

この世の中の出来事はほとんどが必然と考えるスタンスで治療にあたっている私どもでは、このような検査結果はいつもの事。
何も不思議な事ではありません。
ほとんど当たり前、というほど日常的に経験しています。

もしあなたが同じ症状を何度も繰り返して、一向に良くならないのなら、それはメッセージ、知らせ、サインとして出ている症状かもしれません?  それがメッセージ、知らせ、サインなら痛みや症状は、一瞬で消えるでしょうね。

「勉強を始めると耐えられないほど眠くなる」この症状って一体どんな原因、治せます?



「勉強を始めると耐えられないほど眠くなる」この症状って一体どんな原因、治せます?

・この症状、私に治せる?⇒YES
・勉強を始めると眠くなるのは身体にトラブルが有る?⇒NO
・眠くなるのはその教科が嫌だから?⇒NO
・睡眠不足が継続的にあるから?⇒NO
・ナルコレプシー?⇒NO
・脳にトラブルが有る?⇒NO
・内臓にトラブル?⇒NO
・本人に問題があるから、この症状が起きている?⇒NO
・この症状自体が何かを知らせる信号、メッセージ?⇒YES
・本人にたいしての信号、メッセージ?⇒NO
・家族?⇒YES
・姉妹?⇒NO
・両親?⇒YES
・母親?⇒YES
・母親の心?⇒NO
・脳?⇒NO
・身体?⇒YES
・健康上の問題?⇒YES
・それは重大?⇒NO
・私に治せる症状?⇒YES
・お母さんの症状を治せば眠気は100%無くなる?⇒YES

このように検査が終わり、処置が完了して本人とお母様に全ての検査結果をお伝えしました。
「これで娘さんに異常な眠気を出してまで知らせてくれていた、信号、メッセージは止まり、1時間後から眠くなりません」
「信じられないようなお話ですが、これ以後、眠くならないことでその真偽が解ります」

このようにお伝えしましたが、ご家族も本人も納得いただいたようです。
今まで継続して施術をお受けいただいて、その成果にも満足いただいてるからでしょうね。


もし、これが初めて施術を受けられる方でしたら・・・!?

大阪、ナウ、新型コロナウイルス感染を防御するには最低限、体温だけでも上げるべきです。



大阪、ナウ、新型コロナウイルス感染を防御するには最低限、体温だけでも上げるべきです。

でも、その体温を上げることが困難なんです。
現在の先進医療や薬でも体温を上げるなんて不可能??
でも自然治癒力、自律神経(自律神経中枢部 視床下部)が正常になれば、血圧も体温も冷え性も改善されるってことをご存知ですか?


日本人の60年前の平均的な体温は『36.8度』
現在の平均的な体温は『36.1度』ですが、子供たちでも36.0を上回る体温を維持できている子たちは少ないです。
何かがおかしいです!


当院に来られる方たちの体温は記録していますが、深部体温で34.8度と極端に低体温の方たちを多く見受けます。
この方たちに確認しても、「いつも体温計で測れば36度前後」だとおっしゃいます。
この差は脳の機能として体温を維持するために、体表面の毛細血管を閉じ、体温を逃がさないように働いてくれているんですね。
「少し動くだけで、身体が熱くなり、汗が出るんです」
「冬でも動き回れば汗をかくことが多い」
って、おっしゃいます。要するに暑がりで、寒がりってことなんです。

身体にこもった熱を測っているだけで、ご自分の体温はほぼ正常と間違った認識をされているようですね。


一般的には体温を上げるって
・筋肉を付ける
・あったかい食べ物、飲み物を取る
・身体を温める
・栄養を取る
・鼻呼吸
・足指を使って歩く
このようなことをすれば良いと言われています。


当院では以前から血圧と体温はどのような症状を訴え来院されても検査し、正常な体温、最高血圧/最低血圧を維持できるように施術しています。特に女性では最高血圧が90前後の低血圧と思わしき方の多いこと・・・。それが体質だと間違った認識をされています。


そのような方たちを診ていると、幼稚園児、小学生低学年でも36.0度を切る体温が多く、大人の方たちも36.5度にも達せず、35.0~36.3度の体温が大半でした。

それらの人たちも今では最低36.8度から最高37.3度と安定しています。
小さな子供たちは微熱と間違われることが多いとおっしゃられるほど、37.0度から37.3度を維持されています。

これぐらいの体温を保てれば、新型のコロナウイルスといえども恐れる必要は無いと・・・。

脇汗、手汗、足汗は潜在意識から発信される、何かのメッセージなのかもしれません。



脇汗、手汗、足汗は潜在意識から発信される、何かのメッセージなのかもしれません。

施術の終わりの際にこんなことをお聞きしました
「私は手汗、足汗、脇汗が酷く、小学生の頃から、1年中出ています。」
「この汗、何とか止められますか?」

20代の女性にはつらい症状と思います。今まで病院などで診てもらっても多汗症と言われるだけで、これといった処置も受けることは無かったとお聞きしました。「治ればよいですね・・・。」

こんな症状をお受けするのは初めてですし、今までの治療では経験のないことでした。
何もかも固定概念を外して、一から検査する以外に原因を突き止められません。

・これらの症状は先天的?⇒NO
・これらの脇汗、手汗、足汗は本人が起こした、自分が発した症状?⇒NO
・これらの症状は誰が起こした?⇒潜在意識
・潜在意識がなぜ起こした?⇒何かを知らせるため
・本人に対して?⇒NO
・家族に?⇒YES
・姉妹に?⇒NO
・両親に?⇒YES
・父親に?⇒NO
・母親?⇒YES
・母親に何を知らせる?⇒健康上の問題、トラブル
・それは重大?⇒NO
・それは私が処理できる?⇒YES
・何年前から知らせが出ている?⇒15年前
・このことを当人に教えれば手、足、脇汗は止まる?⇒50%
・お母さんが治れば100%手、足、脇汗は止まる?⇒YES


こんなやり取りの後、お母さんの施術を済ませたら・・・。

「あれ! 汗の出方が変わった。。」
って言ってもらえました。こんなことってあるんです。。

新型コロナウイルスは自然治癒力、自律神経の働きを高められれば恐れることは無い。



新型コロナウイルスは自然治癒力、自律神経の働きを高められれば恐れることは無い。


さて、こんなことを書いてますが、いったいどのようにして高めていると考えられます?

ウイルスは身体に感染すると細胞の中に入り込まなければ生存できません。
そして細胞内に入り込んだウイルスを駆除するために薬は効力がありません。
細胞内に入り込んだウイルスは唯一、免疫機能だけが対抗、対応できるのです。


人間のパワーはすごいです。
免疫系・自律神経系・内分泌系のバランスを良くすれば自然治癒力は圧倒的に高まります。

・自律神経中枢部である視床下部の働きを検査
・自律神経失調症と言われている視床下部から出されているホルモン異常の数量を調べ
・ホルモン異常のある臓器を特定します。
・ホルモン異常以外、何から影響を受けているのかを特定し、処置
・個々の臓器を正常化
・処置後の最高血圧、最低血圧測定
・処置後の体温測定
・処置後の手、足の体温測定

そして自然治癒力と視床下部の働きが正常なレベルに改善された状態の体温を36.8~37.3度にする。
手、足の体温が36.0度以上を確認
最高血圧、最低血圧が正常レベルか確認

私自身はこのような状態で自然治癒力、自律神経の働きが高まったと認識しています。
新型コロナウイルスの脅威がやかましく報道されだした時期から、通常の施術にこれらの項目をプラスしています。

第六感とは、人間の五感を超えた六番目の感覚のこと、理屈や理論ではなく、感覚的に物事を理解



第六感とは、人間の五感を超えた六番目の感覚のこと、理屈や理論ではなく、感覚的に物事を理解したり判断すること。

つまり、目で見えたり耳から聞こえたりする情報だけでなく、何か漠然とした感覚によって物事を判断したり、まだ見えない予兆や前兆を認識することができる力が第六感というものらしいです。

そんな感覚が活性化すれば治療家としての能力や寿命が飛躍的に上がるのでは、生かせるのでは・・・。そう思い始めて20年が経ちました。

ここんところの私ですが、20数年の臨床経験、知識というものがほとんど顕在意識に現れてこなくなりました。
それらとは全く異質の、思い付き、と表現するべきか、フ~っと浮かんでくるフレーズに従ってというか、そういうものに従って治療を進めています。

とにかくクライアントさんの話を聞いているだけで施術が完結したり、アドバイスの言葉が口から自然と出てくるんですね。
もちろん、クライアントさんには確認はしています。
「こんなので痛みは無くなりました?」
「満足いただけました?」
「何かほかにリクエストは有りますか?」
このような形で患者さんに寄り添い、日々の治療を進めています。


・ベットに座ったままの姿勢で治療が終わったり。
・上向きに寝転がった状態で処置が終わってみたり。
・身体に指1本触れることなく・・・。

やつと、当初の思いが少しずつ形になり始め「80歳まで現役で仕事する」ってことが現実味を帯びてきました。

このように特殊な治療スタイルなので、初診で紹介も受けず、ホームページを見ただけの患者さんは稀です。
ほとんどが紹介で来院されますし、治療のスタイルもあらかじめ理解されていて、当然という感覚を持って来て頂いてます。


パニック障害やうつ、なぜだか学校へ行けない症状、夜中に何度も目が覚め、昼夜逆転のような生活、薬を飲んでも最高血圧が200ぐらいになる、リウマチ、ガンやポリープ、尋常じゃない症状などで来られる方が多くなり、今までの篠原整骨院という屋号に無理があるように感じはじめています(苦笑