HSP、エンパス、霊感

何かの信号で頭痛、腹痛、睡眠障害の起立性調節障害をオステオパシーと整体で処置



何かの信号で頭痛、腹痛、睡眠障害の起立性調節障害をオステオパシーと整体で処置

これら起立性調節障害と診断された原因を検査してみました。
・夜の12時前後に寝床に入るが、1時、2時、3時、4時までは寝れない
・これらの症状は自分が発してる症状⇒NO
・何かの影響を受け発している症状⇒YES 100%
・何からの影響で、どんな理由があるのか、判明すれば症状は消える⇒YES 50%
・その原因、理由が改善されれば症状は消える⇒YES 100%
・その影響は80日前から? 本人と母親に確認すると⇒YES
・その影響により自律神経の中枢部にトラブル⇒視床下部の機能低下61%⇒YES
・これによって血圧は下がる⇒YES 91/58
・血圧の低下で頭痛は起きる⇒YES 95%
・これによって体温は下がる⇒YES 34.9度(深部体温)
・体温の低下で腹痛は起きる⇒YES 99%
・視床下部の機能低下と影響を取り去ればこれらは改善される⇒YES
・血圧は?⇒115/61
・体温は? ⇒36.6度

このようになると検査されました。
この検査を信じられるか、信じられないかは、次回の予約で決まります。

いずれにしても、このようなケースはいくらもあります。

・このケースで血圧を上げるための昇圧剤を服用されても大した効果は望めません。どころか血圧は上がりません。
・規則正しい生活をされても睡眠は正常に戻りません。1時、2時、3時、4時と一時間おきに信号によって起こされ、目が覚めます。
・頭痛は血圧が関係しているので、血圧に変化が出なければ・・・。
・腹痛は身体の深部体温が低すぎること、体温が上がらなければ内臓は正常な動きが出来ずそのために・・・。

病院での検査にもとずいた治療とは異質の治療をしていますが、全て患者さんの脳からお聞きした答えにもとずき、治療を組み立てています。

いらっしゃる起立性調節障害の小学生、中学生、高校生、大学生の全ての方たちにはこのような治療を提供しています。


新しい患者さんが来られるたびにお聴きする「自律神経が乱れているのでしょうか?」は間違っていませんが、その原因はってお聞きすると「判らない?」「教えてもらえない?」「ストレス?」って、まったく解っていらっしゃいません。

これといった原因が判らなくっても数か月も、数年も疑問を持たないで治療が継続するのでしょうか?



学校や塾に行くとどんどん体がしんどくなり、授業が受けられない症状をオステオパシー整体で改善



学校や塾に行くとどんどん体がしんどくなり、授業が受けられないを症状をオステオパシー整体で改善

Оリングで検査
・学校へ行かないウイークエンドはいたって元気。起立性調節障害とよく似てます。
・学校につくまでは元気
・授業が始まると徐々に元気がなくなり、教室に座ってられない
・そんな状態から帰宅すると回復
・体調が回復したから塾に行くと、気分が悪くなり、講義を受けることが出来なくなる
・こんな状態が1か月以上続いている
・身体には異常がない
・顕在意識は学校に行きたがっている
・塾にも行きたがっている


訳の分からない症状ですが、本人は決して「怠けて学校へ行きたくない」そんな気持ちは無いそうです。
高校の進路を決めたころからこんな症状が現れ、勉強が手に付かず、危機感を感じている。

それらを本人からお聞きしさらに深く検査をしたのです。
・顕在意識は将来の進路について100%に近く肯定的
・潜在意識は将来の進路について100%に近く否定的
・潜在意識が彼女の行動を阻止している
・これは顕在意識か潜在意識が変化しない限り、症状は続く

こんな検査結果をお伝えし、対処法もお教えし、1週間ほど様子を見ていただきました。


10日経過し、気持ちに変化が現れたのですが、その気持ちをもつと整理をしたいと望んでいるが、自力ではこれ以上無理とのこと、治療でその気持ちを処置できるかとが打診ありました。

「もちろん、やれます!」
「顕在意識と潜在意識が全く別の方角を見ているようなので、同じ方角を見れるようにしましょう。」こんな風に答えました。

これって「引き寄せ」の正反対ですね。
顕在意識と潜在意識が同じ未来を向いているのなら、そこに流れるエネルギーはより大きく、強くなります。
反対に顕在意識は現在を向き、潜在意識が過去を向いているとしたら、そこに流れるエネルギーは喧嘩して半減されます。
もう一つ、顕在意識が過去を向き、潜在意識も過去を向き、両方のエネルギーが同じように後ろ向きなら、それはネガティブな大きなエネルギーになります。

これらエネルギーの向きが同じ方角に向けば、今までの症状は改善されると検査され、そのことをお伝えし、処置を済ませました。


処置の終わった中学生の顔は血圧も体温も正常になり、身体の痛みも無くなり、顔色も変わり紅潮し、気力も充実したようです。

この処置が終わり2日後「●●子はめっちゃ元気に学校へ行ってます」って連絡が入りました。

頭蓋仙骨療法で脳圧を調整「うつ」の症状をオステオパシー整体で波動調整



頭蓋仙骨療法で脳圧を調整「うつ」の症状をオステオパシー整体で波動調整

ご存知でしょうが波動が高い(良い)人たちは、このような特徴をお持ちのようです。

①好き嫌いがはっきりしている
②好き嫌いで物事を決めている
③とにかくマイペース
④理屈よりも直感を根拠にする
⑤他の人のことを気にしない
⑥どんなことでも必ず何とかなると知っている
⑦自分の時間を必ず持っている
⑧あらゆることに感謝している

これって第六感が開いているとか、直感に従って生きているとかって言われることです。
こういう方たちっておおらかなんですね。
細かいことに気にしない、困難に直面しても何とかなる! 守られているから大丈夫なんて思っていらっしゃるのでしょうね。


反対にうつやパニックで来院される方たちの特徴は全くの正反対。
思考回路がネガティブで・・・。

この方たちにも波動を上げればポジティブに変われる要素はあります。
言い古されたやり方ですが、すべてに感謝し「ありがとう」という言葉を発することです。

検査でも波動の数値が変わります。

何度か「ありがとう」を繰り返すと身体も頭も軽くなります。
嫌なことがあれば「ありがとう」の言葉でそれを打ち消すように・・・。

うつ、パニックの発作は2種類、Оリング検査で調べ、オステオパシー整体で改善



うつ、パニックの発作は2種類、Оリング検査で調べ、オステオパシー整体で改善

うつ、パニックの発作
・心拍数87か88の胸のドキドキが続くことで、呼吸がし難くなり、やがて呼吸困難と思い始める。
・心拍数97か98の胸のドキドキが続くことで、呼吸がし難くなり、のどの閉塞感、つまりも発生やがて呼吸困難と思い始める。

これら2種類の身体の異変が突然襲ってきて、これを病気と誤解し、うつ、パニックの発作と間違えることから病気が始まる。


本当にお気の毒です。
ドキドキや息苦しさ、呼吸のし辛さ、のどの詰まり、胸の圧迫感など、これらをいくら調べても原因にたどり着くことは有りません。
最新の検査機器で調べても、まったく異常を検出することもなく。のども肺も心臓も異常は認められない。
後は、本人の気持ち、ストレスにその原因はシフトされ、精神を落ち着かせるための抗精神薬、精神安定剤を処方され、心療内科に回され、何年も変化なく、時間だけが経過する。多くのそんな方たちばかりにお会いしています。


これら2つの症状は、あなたを守っていらっしゃるご先祖様からのメッセージなんです。
・良いメッセージ・良い信号=心拍数87か88
・悪いメッセージ・悪い信号=心拍数97か98 プラス のどの詰まり



お医者様ではこれらのメッセージを解読はしていただけません。
ただのドキドキと認識されるだけ。
ドキドキは心臓の不調と検査をするのですが、心臓はいたって良好。
呼吸困難とのことで呼吸器を検査しても、鼻ものども気管も気管支も肺も問題は無く。
最後は自律神経失調、ストレスと検査されて薬、精神安定剤、抗精神薬の処方。
これで、治るまで薬の処方が続きます。


そして、現在に至る・・・。


一刻も早く検査にお越しください!

うつ、パニック発作は「夜中に来る信号」をオステオパシー整体で解読できれば97%処置できます。



うつ、パニック発作は「夜中に来る信号」をオステオパシー整体で解読できれば97%処置できます。


・「うつ」でも「パニック発作」も夜中1時、2時、3時、4時頃に起こされる。
・夜中に突然、胸騒ぎのような、胸のドキドキ、息苦しさ、のどの詰まり、呼吸が入らないような胸の重さ。
・昼間でも何かを考えた瞬間に、急に「胸のドキドキ」「息苦しさ」が始まる。
・胸のドキドキや息苦しさが、不安感をドンドン強く、大きくしていく。

これらは、潜在意識、ご先祖さん、守護霊、守護神、サムシンググレート、ハイアーセルフからのメッセージなどが多いのです。
うつやパニックで治療に来られる99%の方たちに言えます。

その信号自体を病気と錯覚していることが全てです。信号=病気(うつ、パニック)


一般の治療院でそれを見分け、分別して、信号を解読し、適切にアドバイス出来るところは本当にわずかしかありません。

アドバイスには特殊な能力と、特殊な技能と、健康な肉体と、健康な心と、患者さんファーストな心が必要です。

骨盤や背骨をいくら調整しても、自律神経を調整しても、ストレスやトラウマを解除しても、向精神薬を飲まれても、カウンセリングを受けられても、家の中に引きこもっていても、鍼やお灸を受けて自律神経を整えても、マッサージを受けられても、頭蓋骨を調整し、脳圧を調整しても、スピリチュアルヒーリングを受けられても
信号は解読できません


解読できないということは、症状が一向に変わらない、治らない、何年も状態は・・・
っていうことなんですね。

子宮頸管ポリープ、婦人科受診の薦めとОリング検査とオステオパシー整体



春の健康診断で引っ掛かり、子宮頸管にポリープが発見され、婦人科受診を勧められていたことをお聞きしていました。
その後、何回かの施術を受けられていましたが、今回、秋の健康診断を受けられ「子宮頸管のポリープが消えている」ことを真っ先に私に知らせてくれました。

これより数か月前のОリング検査でポリープが無くなっていることを伝えていたので、その答えを頂いたのです。

・いろんな部位の施術をさせて頂いたのではっきり覚えてはいません(施術が終わるたびに全ての記憶を消去するようにしています)
・第六感が大きく開いて、いろんな方からの情報が多く入る50歳代の奥様
・カルテには、子宮頸管の真ん中あたりに2.12ミリの良性ポリープが1個と記載されていました
・第六感のアンテナを一度目39%に、2度目は10%まで下げて、感度を落として、余計な情報に影響を受けないようにしました
・ご両親との関係を処置し、疲労度を低減させています
・お仕事での心の有り様と意識の処置をして、仕事をしやすくしました
・歩き方の調整をして、身体のコリを少なくしています
・肩こり、首こり、背中、腰、脚の調整
・古くからのストレス消去、物事の受け取り方、考え方を調整し、心のバランスを良くしています
・夫婦間、子供との関係を改善し、人間関係、職場での人間関係を良くしています
・くよくよ考える癖を消去し、ポジティブな生き方にシフト
・先延ばしにする性格を変え、・・・。

などなど、これ以外にもいろんなことをさせていただきました。


「婦人科に行くのが嫌だったんです!!」って言われる。
彼女の楽しい、愛すべき人生のために色々調整していますが、そのうちの一つがポリープなんでしょうね。



起立性調節障害、朝起きれても学校へ行けない



起立性調節障害ー朝起きれるが、いざ学校となると急にしんどくなり、身体が動かなくなり、立ち上がって玄関から出られない、学校の前まで行けても門を通れない、学校に入れても教室に入れない、教室で授業を受けられず保健室で休んでいる。

夜は宿題も済ませ、学校の準備も整え、学校に行くつもり十分で、いつもと同じように眠りにつく。
ひとたび朝になると起きることには問題は有りませんが・・・。
・朝ごはんを食べ終わるころから徐々に体調が悪くなる。
・制服に着替え始めると身体が動かなくなる。
・準備も済ませ家の玄関から出るとなると身体が動かなくなる。
・無理に学校まで送ってきても門が入れない。
・無理やり学校へ連れて入っても教室に入れない。
・無理やり教室に入れても、しんどくなり先生に保健室に誘導される。

こんな状態ですが学校から帰宅するといつもの元気が蘇る。
学校の終わる時間には、子供さんの身体から違和感を感じない。

勉強が嫌だったり、学校が嫌だったり、友達からのいじめ、仲間外れ、先生が合わなかったり、わがままだったり、・・・。
いろんな理由を考えたり、体の不調を検査したりするのですが、良い答えも浮かばず、時間だけが経過していく。


こんな状況で同級生から紹介を受けられた子供さん。
・感受性の強いお子さん。
・勉強に対してしっかりした気持ちがある。
・ごく普通の生活態度。
・ご両親の言いつけは守る。
・友達付き合いの問題は無し。
・ご両親、ご家族の関係は良好。
・勉強に対してのプレッシャーはさほど多くない、小学3.4.5年生。


さて、このような状況でもご本人の脳、潜在意識から聞き出せば、本当の答えが聞けます。。
・身体にトラブルはあるのか?
・学校に行きたくない理由があるのか?
・学校に嫌な何かがあるのか?
・前夜と朝とでは何が変わるのか?
・教室、学校へ入りたくない何かがあるのか?

・お医者様ではこういう検査は出来ません。
・カウンセラーさんには話せないこともあります。
・両親に言っても信じてもらえないこともあります?


だったら、子供さんの脳にコンタクトし、潜在意識から必要な情報だけをアウトプットすることは彼らも同意してくれます。


そんな情報を取り、合計3回の施術で夏休み前の学校をこなし、夏休みを過ごし、夏休み明けの6日間登校されて、もうこれで治ったと思われたのか昨日、お礼の電話を頂きました。

「おかげさまで、夏休み明けにもかかわらず、問題なく先週1週間、学校へ通えました。」

「今日の月曜日も少しくグズグズ言ってましたが学校は行きました」

不安障害、パニック障害、うつ



不安障害、パニック障害、うつ・・・。こんな順番に症状が進むことがあるとお聞きしています。

14年間以上、このような症状で病院に通われ、悩まれ、会社も退職されている男性が当院にお越しになられました。


症状は
不安が持続する時間は、数秒間から数年間まで様々で。
不安の強さは、ほとんど気づかないほど軽いものから、のどの詰まり、息切れ、めまい、心拍数増加、ふるえ、倦怠感などが生じる本格的なパニック発作までいろいろあったそうです。

これらの話をお聞きしながら検査をしてみました。
・のどの詰まり、心拍数の増加のほとんどは彼の守護霊からのメッセージ。
・めまいは頻繁ではありませんが、原因は血圧の低下が97%。現在の血圧101/57 体温35.2度  正常な血圧115~127/57~69  体温36.5度

症状のメインはのどの詰まり、心拍数の増加です。これは彼の守護霊からの良くない信号、良くないメッセージなんですね。
そのメッセージの意味は「そういう考えは良くない」「今、しようとしていることは良くない」「その場所へ行ってはダメ」など行動や思考を戒めるお知らせなんです。

14年間、ネットを調べまくっても知ることのなかつた。
病院でも聞くことのなかった。
カウンセリングでも言われたことが無かった。
目から鱗の、寝耳に水の情報だったと思われます。


こんな対面での治療を終え、血圧は121/67まで回復し、体温は36.4度まで上がってきました。


その日の夜にはこんなメールが届きました。

今日は診察してくださりありがとうございました。
帰りの●●●は難なく走ることが出来ました。
今夜から投薬を中止しようと思います。
また、わからないことが出てきましたらメールさせて頂きますので、よろしくお願いいたします。

●●






6感で感じる何かの信号を「うつ」の症状と勘違いしていませんか?


現在何百万人の方たちが「うつ」で悩まれているのでしょうか。
厚生労働省によると「世界精神保健(WMH)調査データによる国内のうつ病の有病率を元に、医療未受診者も含めたうつ病患者の推定値250万人超となる。」

ざっと4人に1人がうつに悩まれている勘定になります。


それらは脳内神経伝達物質セロトニンの減少することで精神の安定がなくなり、些細なことが頭から離れなくなり、精神的に不安定になり、症状を発症するようです。

もう一つ第6感が強く、敏感な方は「胸がドキドキ、心臓の動悸が続いたり、のどが詰まったような感覚が続く」ことが病気と誤解されることがあります。

これって何かの信号、知らせ、啓示なので体のトラブルではありません。これを誤解され、「自分はうつなのかもしれない」なんて間違ってしまわれることが多いように思います。

特別な方法で調べれば、はっきりお知らせが何を意味しているのかも解ります。解かれば安心でき、うつの症状ではないと確信も持てます。

当院独自の検査でそれが明らかになり、長年の悩みが解消することも多々あります。
また、セロトニンの減少には松果体ほか、脳の活性化でそれらに対応しています。

起立性調節障害、朝、玄関から出られません


・朝は学校に間に合う時間には起きれる
・顔を洗ったり、洋服を着たり
・朝ごはんも食べれる
・学校へ行く準備を始めると途端に具合が悪くなりはじめる
・玄関で靴を履きはじめると動けなくなる
・無理に行かせようとしても動けない、立ち上がれない

こんな小学生が何人も来られています。
3年生、4年生ごろからこのような症状が出てきだしたと話されます。

お母さんにお聞きしても「夜は学校の準備をして、機嫌よく宿題も済ませている」
「それなのに、いざ学校となると急に具合が悪くなり学校へ行けなくなる、行かなくなる」

「何が嫌なのか、さっぱりわからない」「無理に学校まで送ってきても、門を入れない、教室に入れない」

なぜ学校に行かないのか、いけないのか全く見当がつかない」とお母さん方は困った顔でおっしゃいます。


これらの症状、当院で調べてみると身体は悪くないのです。いじめられているわけでもありません。嫌な友達がいるわけでもありません・・・。

この状況では原因が特定できないので、更に潜在意識の深い部分にアクセスして答えを聞いていくといろんなことが解かり始めます。ちゃんとした原因、理由があるんですね。嫌だから行けない・・・。それだけではないと彼らの脳は教えてくれます。